エコリーフとは

エコリーフラベルのしくみ

エコリーフ環境ラベルを通してLCAの結果を公開するには、「公開ラベル」とされる3枚のラベルと共に、算定のためのルールである「製品別算定基準」(PCR:Product Category Rule)が公開されます。公開データはいずれも、開示データとしての公平性、信頼性が、第三者による審査・検証で確認されています。

エコリーフ環境ラベルは以下の流れにより公開されます。

1. PCRの作成

一般に、LCAを用いた評価は、評価の前提となる条件によって結果が大きく異なるといわれています。エコリーフでは、公平かつ透明で比較可能性を担保するため、製品分野ごとに「製品分類別基準(Product Category Rule: PCR)」を作成します。PCRはPCR-WG(PCRワーキング※)が作成し、以下の事項を定めます。PCR-WGには該当する製品の製造に関わる製造技術の知識を有する方またはLCA手法を理解している方ならどなたでも参加できます。

※PCR-WGメンバーは、申請があった後、当室HPなどより募集をかけ、参加者を募ります。

PCRで決められる内容
  1. 製品および製品に含まれる部品等の対象範囲
  2. データ収集に関する要件および範囲
  3. 適用するアロケーション、カットオフ等のLCA 計算上の諸条件
  4. 適公開項目の特定および表示方法の設定
  5. 公開項目の特定および表示方法の設定
ページトップへ戻る
2. ラベルの作成

事業者はPCRに基づいて、対象製品のLCA評価を実施し、公開様式である「製品環境情報」、「製品環境情報開示シート」、「製品データシート」を作成します。

各ラベルの表示内容
  1. 「製品環境情報」には「製品環境情報開示シート」の要点と製品概要を表示します。
  2. 「製品環境情報開示シート」には「製品データシート」のデータを、エネルギー資源や鉱物資源の消費負荷、大気・水域・土壌への環境排出負荷などに換算した値を表示します。
  3. 「製品データシート」には、製品の素材別重量、加工・組立に消費した電力や重油などのエネルギー消費量、生産工程で排出される廃棄物量、物流段階での輸送方法、製品を使用した後の廃棄処理方法などの生データを表示します。

エコリーフ公開ラベルの構成と内容(3つの公開ラベル)

ページトップへ戻る
3. 第三者検証

事業者は作成したそれぞれのデータをそれぞれのラベルにまとめ、エコリーフに登録された検証員による検証を受けます(第三者検証)。検証では、PCRに適合しているか、製品の重量や材質などの条件が正確に算入されているか、収集されたデータは十分な精度があるか、客観性があるかなどがチェックされます。検証結果は検証員によって検証結果報告書およびPCR遵守性チェックリストにまとめられ,当室(LCA専門家)の評価判定を得て登録・公開が可能となります。第三者検証には外部検証、内部検証の2つの方式があり、上記のように製品ごとに検証するものを外部検証、また、企業内で独立した立場の検証員を任命し、検証を実施するものを内部検証と言います。内部検証を実施するには事業者としてシステム認定を得ていることが前提となります。

ページトップへ戻る
4. ラベルの登録・公開

プログラムに沿ってデータの収集・第三者検証を受けたエコリーフラベルは、エコリーフのホームページで「製品データシート」、「製品環境情報開示シート」、「製品環境情報」が一組の環境情報としてPCRとともに公開されます。また、事業者は登録された製品等にマークを表示することにより消費者はマーク下部に記載されている登録番号からホームページにアクセスし、公開データの閲覧が可能です。こうした製品環境情報の「見える化」によって、その製品の生産から廃棄までの温暖化や酸性雨への影響、エネルギー消費量、製造・物流・使用・廃棄の各段階別での環境負荷に関する情報を得ることができるしくみとなっています。

ラベルの登録・公開

ページトップへ戻る
エコリーフとは
  • エコリーフの特徴と位置づけ
  • エコリーフ取得によるメリット
  • エコリーフのしくみ
  • エコリーフ環境ラベル お申し込みはこちら
  • パンフレットはこちら
  • エコリーフマークのご利用
  • 一般社団法人 産業環境管理協会